CRC(治験コーディネーター)の仕事

新薬や医療機器を開発する際に、最終段階で人体への有効性と安全性を確認する「臨床試験(=治験)」を行います。その治験の調整役となるのがCRCです。 CRCは依頼企業のCRA(臨床開発モニター)、治験を実施する医療機関の医師(治験責任医師、治験分担医師)と治験に関わる各部署(治験事務局、薬剤部、検査部、看護部、医事課など)と連携し治験を進めていきます。そして、被験者となる患者さんが安心して治験を受けられるようサポートします。

HAIC研究開発ユニット

CRC

遠藤 洋美 (資格:看護師)

HAIC研究開発ユニット

CRC

橋本 美和 (資格:薬剤師)

HAIC研究開発ユニット

サイトマネジメント

吉岡 まみ (資格:薬剤師)CRCになったきっかけは?

前職はさまざま。少しでも興味があればCRCを目指せる。

遠藤

私は以前、看護師として病院に勤務していて、夜勤がない仕事を探していた時にCRCを知りました。それから他病院でCRCを経験し、学会で吉岡さんのFDA/EMA査察に関する発表を聞いて、ここ(HAIC)はしっかりした治験が行われていると思い、転職しました。

橋本

私は健康長寿医療センターの薬剤科に所属し、薬剤師として勤務していました。“病院の薬剤師”といっても、所属する部署によって業務内容は変わるため「さまざまなことを経験してみたい」と思っていたんです。そんな時に治験への異動のお話があり、今に至ります。当時、CRCの業務はまったくイメージできていなかったので、配属されてからCRCの業務を覚えていきました。

吉岡

私も当院の薬剤師として勤務していて、人事異動で治験へ。右も左も分からずに治験の業務に取り組みはじめましたが、とにかく一つひとつ経験しながら学んでいきました。皆さんの協力のおかげで治験数も増えてきています。